製造依頼の種類
一概に製造依頼と言っても材料の用意の仕方によって実際の製造の流れは様々です。
ここではその種類について私なりに説明をさせていただきたいと思います。

私がよく受ける製造の種類は下記の4種

     ①一発勝負
     ②流し
     ③成功時STOP
     ④成功時チェンジ(失敗時チェンジ)

①一発勝負
  単純に1回分の材料持参で一回だけ製造する方法。
  気合で。

②流し
  成功失敗関係無く製造を連続して行う方法。
  成功して欲しい優先順位が無かったり過剰用に大量成功品を狙う場合はこれ
  例:火マイン10連発流し、属性マイン4連発4色流し

③成功時STOP
  複数の材料を持ってきて製造挑戦を行い指定数成功時そこで製造をSTOPする方法。
  例:火スチレ2連発の1成功止め、火スチレ10連発の5成功止め

④成功時チェンジ(失敗時チェンジ)
  ③と似ているが成功時にSTOPせず別属性や星の有無を変更して続ける方法。
  流れとしてはメイン属性から挑戦しその結果によって第二属性へ製造移行する
  種類いっぱいあるので例文増量、短くまとめられないだけなのですが。


例1:属性ダマスカス挑戦4連発、火メインの水

火が成功するまで火連発、成功したら水連発、水が成功したらSTOPという流れになる
表現上属性が2種類までの場合がこういう表現になります


例2:属性ダマスカス挑戦10連発、火水風土各1成功止め

上記の3色以上版の表現がこれ
火が成功するまで火、成功したら水・風・土と順次製造挑戦していく
わざわざ属性色発言しないで「10連発、4色各1STOP」と言ってくれれば通じますが
その場合の製造する色の順番は基本渡された順になります。
なので渡し方と違う順番希望ならお教えください。


例3:火ダマスカス挑戦3連発、成功時星2

とりあえずノーマルは欲しいからノーマル成功するまで挑戦し
成功し次第残りの材料で星入りを挑戦する方法。
星入り部分は成功時STOPか流しか教えてください、両方ありえるので。
上記例2とまざった依頼の場合が多いです。4色各1成功後星挑戦とか。
その場合は説明してもらわないと多分わからないと思うのでお願いしますorz


例4:星2火ダマスカス挑戦4連発、3連続失敗した場合だけ最後1回ノーマル

唯一の失敗時チェンジ
星2挑戦はするが成功できなかった時最後の一回だけノーマルに逃げる。
上記例3の逆転版だがこっちは前者より強気。
最初から星2成功する予定だし最後1回でノーマル成功する気100%だし。
まぁあまり居ないです。大体星入り連発依頼してる時点で
最後まで希望を捨てず星入りのまま製造する方ばかりですから。
どっちが正解なのかは自分次第。


こんな書くといっぱいあって難しいように見えちゃいますが
こう言えばストレートに通じますってだけのことなので自分なりの表現で伝えてくれれば問題無いです。

あと言葉で説明されなくても材料の渡し方1つで通じる場合もあります。

例えば4連発分の材料に属性石が各1個ずつなら無条件で4連発4色流しでしょうし
その4連発分の材料に属性石が4・3・2・1個ある場合は成功時チェンジで製造順番もこの個数による、と言うように説明要らずな場合もあります。

が、例えば同じ4連発分の材料でも結晶を火2・水2を渡された場合はそれが流しなのか各成功時STOPなのか判断できません。
あと3連発分の材料に属性結晶が3種1個ずつ、星が3つなんてのもわからないですね
強い×1、ぷち×1、ノーマル×1なのかぷち×3なのかはたまた別のなのか。

このようにぱっと見わからない時に説明をお互い混乱せず伝えるように上記のような種類分けをしてるってわけです。
[PR]
# by Kyo-Ya_Loki | 2005-11-02 23:30 | 製造関連の話